【BARism -チャーチルの肖像③-】

英国史上、最も激しい時代に首相に就いた、ウィンストン・チャーチル。
彼の政治上の議論はさて置き、ここでは、BAR文化における彼の偉業を紹介してきた。
偉業と言っても、これは彼の生活史に過ぎない。つまりは、粋であったのか。それもここでは言及を避けておく。
マティーニをこよなく愛し、‟エクストラ・ドライ”なるものを広めたこと。
破産の窮地でもシガーを手放さず、彼の愛したサイズが、いまやチャーチルサイズとして公用の尺度とされていること。
ロンドンのサボイホテルで彼が飲んでいたコニャックが、今も‟グレートスモーカー”という名で復刻されていること。
また、同ホテルのアメリカンバーのヘッドバーテンダー、ジョー・ギルモアとの親交や彼の名を冠したカクテルの誕生など。
これほど、BAR文化に関わった人物は、文豪ヘミングウェイと彼くらいなものか。
余談だが、チャーチルは作家でもあり、ノーベル文学賞も受賞している。実はヘミングウェイと並ぶ文豪なのである。
物書きとBARというのはどういうわけか相性が良い。
さて、今回は『蛙の子は蛙』という話をしよう。つまり、酒飲みの親もまた酒飲みということである。
主役はチャーチルの母親、ジェニー・ジェローム(Jennie Jerome)。
彼女の時代、英国と米国の政略結婚が流行っていた。
長い歴史をもった英国貴族の家系。しかし経済的には下火の窮地に立たされていた。
一方、一代で財を成した米国実業家たち。しかし、彼らは家柄に歴史がないことをコンプレックスに感じていた。
そこで英国貴族と米国実業家の利害が一致し、互いに子息・子女を紹介しあったようである。
ジェロームは銀行家の娘であった。自身、なかなかの野心家で、政界の集まりにも積極的に出向いたようである。
アメリカ史上、最も白熱した選挙のひとつとされる、19代大統領選でのことである。
候補支援者パーティーがマンハッタンクラブで開催された時、ジェロームがかの『マンハッタン・カクテル』の原型
となるものを創作して振舞ったとされている。
昔から、マティーニはカクテルの王・マンハッタンはカクテルの女王と評されてきた。
チャーチル母子は、カクテルの王・カクテルの女王に携わった、歴史的酒飲み母子、というわけである。
この選挙では、ラザフォード・ヘイズが当選している(1887年)。
のち、ジェロームは英国の政治家、ランドルフ・チャーチルと結婚し、のちの首相ウィンストン・チャーチルを生む、
という流れなわけである。

最後に、この話は酒肴として楽しんでいただきたい。
最近、一部のマニアがこの説は信憑性に欠けると横やりを入れてくることがある。
酒飲みとマニアは別人種である。
本誌を楽しんでいただくのは酒飲みに限る。マニアは漫画でも読んでいればよろしい。(西宮聖一朗)

【Peynet’s Schedule on JULY】

◾︎店休日

5日(木)、8日(日)、15日(日)

◾︎企画

22日(日)朗読『ロルカ詩祭』

27日(金)演奏『4th Friday Night Concert』

29日(日)朗読『芥川龍之介/蜘蛛の糸』

※詳細・御予約は、《0467-44-8350》まで。

【BARism-#03-171108】

湘南・鎌倉からBAR文化を発信する!
#BARism#大船#大船バー#ペイネ#聖月庵#ちいさなバカンスに乾杯
『Tikiカクテルの祖』ドンビーチと時を同じくして、ライバルがいた。名をヴィクター・J・バージロンという。

1902年、サンフランシスコに生まれ、6歳の時に右膝に結核菌が入った為に片足を切断している。海軍病院で長くリハビリを試みたが断念し、ハンディーキャップをネガティブにとらえることを止めた。後年、この脚は鮫に喰われた、と法螺を吹き回ったほどである。ドンビーチといい、この手の男は至極楽天的である。

1934年にオークランドで『ハンキーディンクス』という小さなレストランバーを開業する。バージロンは、キューバを回りラムを学び、ハワイで楽天的な生き方を学ぶ。3年後、店名を『トレーダーヴィックス』と改め、内装をポリネシア風に変え、TIki Style Barの礎を築く。名物料理は、中華・フレンチ・イタリアンなどを1皿に盛ったプレート料理。ドンビーチのプププラッターを彷彿させる。この当時のアメリカ人にとって、中華とは異国情緒溢れる魅力的なものと捉えられていたのだろうか。

さて、本格的にドンビーチと対峙するのは、『マイ・タイ』カクテルだろう。

バージロンは、タヒチから来た2人の友人に即興でラムカクテルを供する。それを飲んだ2人が、マイ・タイ(この世のものとは思えない最高のもの)と称する。1944年のことである。

マイタイ人気が定着した後年、ドンビーチがマイタイは自分が1933年(ドンビーチがドンズビーチコンバーを開店した年)に創作したと主張した。が、レシピはバージロンのものよりも複雑な全く別物であった。多分、別々に創作したものが同じネーミングとなり、知名度から著作権争いになった、といったところだろう。ほとんど制作権のようなものを持たないバーテンダーの不幸である。後、マイタイはバージロンのものが主流となる。

バージロンはトレーダーヴィックスをフランチャイズ展開し成功を収め、1984年サンフランシスコの自室にて息を引き取った。
≪マイタイ・カクテル≫
-材料-

ダークラム x 60ml

トリプルセック x 20ml

ライムジュース x20ml

オルジートシロップ x20ml

ミントリーフ、オレンジスライス、チェリー
-作り方-

シェイカーにオルジートシロップまでを入れよくシェイクし、クラッシュドアイスを詰めた大振りのロックグラスに注ぐ。

トップにミントリーフ、オレンジスライス、チェリーを飾り、ストローを挿す。
トレーダーヴィックスは東京のニューオータニホテルにも出店している。一杯の楽園を求め、身近に都内で楽しんでみてはいかがだろう。(西宮聖一朗)

ボジョレーヴィラージュヌーボー飲み比べ企画

ペイネ恒例の、ルイテット社のボジョレーヴィラージュヌーボー2014/2015/2016/2017の年代別飲み比べ企画です。
同年のメーカー別は他店に任せて、当店は同一ネゴシアンによる年代別ワインをお楽しみ頂こうと思います。

完全予約制(前金制・人数制限あり・先着優先)
参加費:4,000(チャージ別途)
日時:11月18日(土)21:00スタート

詳細はこちら

 

おめでとう!!

先日、ちひろが就活を済ませ、内定報告に来てくれました!
ちょー大手でハードワークな会社だと思うけど、体に気をつけて精一杯頑張って欲しいと思います。

【営業時間】19:00-翌2:00

陽が落ちるのもだいぶ早くなってきたようで、夜もながくなってまいりました。

これからはBARがよりいっそう落ち着く季節。

みなさまには、もう少しゆっくり楽しんでいただけますように、開店時間を少し早めまして、バー・ペイネは19時に開けようと思います。

#大船バー#ペイネ#シガー

【19:00-翌2:00(L.O翌1:30)】

BARism#02-170905

湘南・鎌倉から新しいBAR文化を発信する!


【BARism – Tiki Cocktail vol.2 -】
農耕系か狩猟系かという人間の起源から、個人の性格を特徴付ける場面をしばしば目にすることがある。その考えに由来する定住派か放浪派かというタイプ論は、経験的に確かに存在するように感じる。それでいうと、バーテンダーの大半は定住派でないと成り立たない。放浪派という人種はどうしても一箇所に留まることができないようである。そして大抵は破天荒な性格を伴う。

『ティキバーの祖』として知られるドンビーチは、後者の放浪タイプの人間であったようだ。

1926年、ドンビーチは、本名をレイモンド・ガントといい、テキサスで生まれ、19歳にして放浪の旅に出た。カリブ海や南アメリカを渡り、禁酒法時代には密造家でもあった。1933年に禁酒法が解かれると拠点をハリウッドに移し、『ドンズビーチコンバー』というバーを開いた。ハリウッドセレブを相手に繁盛したそうで、名物料理としてププ・プラッターが人気を博した。南国風に飾った店内で供されたププ・プラッターはエキゾチックな魅惑的な料理に見えたようであるが、実は伝統的な広東料理をセンス良く盛っただけのものだったようである。ハッタリの良さも破天荒な彼の性格の賜物であろう。この頃から、ガントはドンビーチと名乗るようになった。

もうひとつ、彼の店には名物があった。ゾンビーカクテルである。1939年のニューヨーク万博で提供され、多くの店に広がったものである。

ティキカクテルの幕開けとなった。
《ゾンビーカクテル#2》
-材料-

ゴールドラム x 30ml

ダークラム x 30ml

151proofラム x 20ml

グレープフルーツジュース x 10ml

シナモンシロップ x 5ml

オルジートシロップ x 15ml

グレナデンシロップ x 15ml

ライムジュース x 20ml

アブサン x 10drop

アンゴスチュラビターズ x 5drop
-作り方-

シェイカーに全材料を入れ、よくシェイクしてトロピカルグラスに注ぎ、クラッシュドアイスを詰める。
ドンビーチのバーテンダーセンスのひとつとして、プレミックス(事前に飲料を混ぜ合わせておく)の使用が挙げられる。

上記レシピの中で、当初はグレープフルーツジュースとシナモンシロップが混ぜられていて、ドンズミックスという。(西宮聖一朗)