【シンガポールスリングの2つのレシピ】

『ラッフルズ、その名は東洋の神秘に彩られている』サマセット・モームがシンガポールに滞在した時の言葉である。1919年、彼はラッフルズホテルに長期滞在し、『月と六ペンス』を執筆している。ポール・ゴーギャンをモデルとした彼の代表作である。

ラッフルズホテルは、モームを筆頭に数々の著名人が宿泊し、多大な賛辞を送っている。

さて、もうひとつ。ラッフルズホテルと聞くと、酒好きには憧れのカクテルがある。『シンガポールスリング』である。蛇足話だが、スリングとはカクテルスタイルの一種を表す言葉であるのだが、時折、バーのカウンターで知った顔をして、シンガポール"スリリング"という恥ずかしいオーダーを聞くことがある。どれだけ刺激を求めているのか、ちゃんとメニューを読んで欲しいものである。呉々も本誌読者諸氏には気を付けて頂きたい。

シンガポールスリングには2つのレシピが存在する。というと、前述の流れでスリリングなサスペンス話を想像されるかもしれない、が、そうではない。ささやかな、バーの薀蓄話である。ラッフルズホテルはイギリス植民地時代、1887年に建造されたコロニアルホテルである。金持ちの白人相手とした高級ホテルといったところ。時を経て1915年、このホテルの『ロングバー』でニャン・トン・ブーンがシンガポールスリングの最初のレシピを発案した。この時代はジンカクテルが主流で、スリングとは蒸留酒に甘味と酸味を加え水で割ったスタイルの総称であった。差し詰め、ジンスリングのヴァリエーションと言ったところであったのだろう。さして真新しいものでもなく、甘味が強く、当時はあまり注目されずに廃れたようであった。が、ロンドンのサヴォイホテルのバーテンダー、ハリー・クラドックが1930年に出版した『サヴォイカクテルブック』に掲載したというのが、情報収集能力・審美眼の観点から流石と思えてならない。そして、もうひとり。このカクテルに注目し、脚光を与えた人物がいた。1970年代になる。ニャン・トン・ブーンの甥、ロバート・ブーンである。オリジナルのレシピを発見したロバートは、大幅な改正を加えて、シンガポールスリングの名でホテルの名物カクテルとして発表した。これが、現在ラッフルズホテルで提供され、世界中の酒好きの憧れとなったカクテル、『シンガポールスリング』である。

こうした流れで、現在は『ラッフルズタイプ』と『サヴォイタイプ』の2種類のシンガポールスリングが存在する。

余談だが、以前、言語学を扱った何かのエッセイでこんな記事を読んだ記憶がある。新しい言語というのは、人の集まる中心地で生まれ、徐々に地方へ伝播していく。従って、方言を研究することで、昔の都言葉を探ることが出来るのだと。

シンガポールスリングのレシピを追うことで、カクテルも然りと思える。失われたオリジナルのレシピは、シンガポールから遠く離れたロンドンの、サヴォイのレシピに見られるのではないかと。(西宮聖一朗)

【Peynet’s Schedule on SEP】

◾︎店休日

16日(日)、23日(日)、27日(木)

◾︎企画

17日(月・祝)久保田元気 x 芥川龍之介

28日(金)4th Friday Night Concert

※詳細・御予約は、《0467-44-8350》まで。

【THINK!LeonardBernstein】

1918年8月25日、レナード・バーンスタインという音楽家が誕生した。

そう、今年は彼の生誕100年目に当たる。

多民族国家であるアメリカに共通の文化を築こうと、アメリカ音楽というものを模索した人物。

僕が大船に店を開いたのも、この地にBARという文化がなかったからだ。

分野・規模は違えども、志に親近感と憧れを感じる。

音楽に関して僕はアマチュアだけれども、バーンスタインを知ってもらえる企画を進めたいと思う。

同時に、僕のBAR文化への想いが伝わってくれたら幸いである。

そういう訳で、バー・ペイネにて本日イベントを開催致します。

《CONTENTS》

◾︎クラリネットとピアノによる、バーンスタインの小品演奏会

◾︎本日限定カクテル【レナード・バーンスタイン・パンチ】のご提供

◾︎本日限定【雨宮家の手作りチーズケーキ】のご提供

ひとりでも多くの方に、レナード・バーンスタインを知って頂けたらと想像し、皆さまのご来店お待ちしております。

【Peynet’s Schedule on JULY】

◾︎店休日

5日(木)、8日(日)、15日(日)

◾︎企画

22日(日)朗読『ロルカ詩祭』

27日(金)演奏『4th Friday Night Concert』

29日(日)朗読『芥川龍之介/蜘蛛の糸』

※詳細・御予約は、《0467-44-8350》まで。

【BARism-#03-171108】

湘南・鎌倉からBAR文化を発信する!
#BARism#大船#大船バー#ペイネ#聖月庵#ちいさなバカンスに乾杯
『Tikiカクテルの祖』ドンビーチと時を同じくして、ライバルがいた。名をヴィクター・J・バージロンという。

1902年、サンフランシスコに生まれ、6歳の時に右膝に結核菌が入った為に片足を切断している。海軍病院で長くリハビリを試みたが断念し、ハンディーキャップをネガティブにとらえることを止めた。後年、この脚は鮫に喰われた、と法螺を吹き回ったほどである。ドンビーチといい、この手の男は至極楽天的である。

1934年にオークランドで『ハンキーディンクス』という小さなレストランバーを開業する。バージロンは、キューバを回りラムを学び、ハワイで楽天的な生き方を学ぶ。3年後、店名を『トレーダーヴィックス』と改め、内装をポリネシア風に変え、TIki Style Barの礎を築く。名物料理は、中華・フレンチ・イタリアンなどを1皿に盛ったプレート料理。ドンビーチのプププラッターを彷彿させる。この当時のアメリカ人にとって、中華とは異国情緒溢れる魅力的なものと捉えられていたのだろうか。

さて、本格的にドンビーチと対峙するのは、『マイ・タイ』カクテルだろう。

バージロンは、タヒチから来た2人の友人に即興でラムカクテルを供する。それを飲んだ2人が、マイ・タイ(この世のものとは思えない最高のもの)と称する。1944年のことである。

マイタイ人気が定着した後年、ドンビーチがマイタイは自分が1933年(ドンビーチがドンズビーチコンバーを開店した年)に創作したと主張した。が、レシピはバージロンのものよりも複雑な全く別物であった。多分、別々に創作したものが同じネーミングとなり、知名度から著作権争いになった、といったところだろう。ほとんど制作権のようなものを持たないバーテンダーの不幸である。後、マイタイはバージロンのものが主流となる。

バージロンはトレーダーヴィックスをフランチャイズ展開し成功を収め、1984年サンフランシスコの自室にて息を引き取った。
≪マイタイ・カクテル≫
-材料-

ダークラム x 60ml

トリプルセック x 20ml

ライムジュース x20ml

オルジートシロップ x20ml

ミントリーフ、オレンジスライス、チェリー
-作り方-

シェイカーにオルジートシロップまでを入れよくシェイクし、クラッシュドアイスを詰めた大振りのロックグラスに注ぐ。

トップにミントリーフ、オレンジスライス、チェリーを飾り、ストローを挿す。
トレーダーヴィックスは東京のニューオータニホテルにも出店している。一杯の楽園を求め、身近に都内で楽しんでみてはいかがだろう。(西宮聖一朗)

ピアノの生演奏会

毎月第4金曜日の21時30分から、ピアノの生演奏をしております。
MUSICチャージ無料で、通常営業の中でお楽しみいただけます。
お席のご予約も受け付けております。


1st. Stage / 21:30-22:00
※前座、レナード・バーンスタイン作/ウエストサイドストーリーから『Something’s coming』(clarinet&piano)
2nd. Stage / 22:30-23:00

ピアニスト 谷坂仁美
※今月はゲストアーティストも予定しております。

【営業時間】19:00-翌2:00

陽が落ちるのもだいぶ早くなってきたようで、夜もながくなってまいりました。

これからはBARがよりいっそう落ち着く季節。

みなさまには、もう少しゆっくり楽しんでいただけますように、開店時間を少し早めまして、バー・ペイネは19時に開けようと思います。

#大船バー#ペイネ#シガー

【19:00-翌2:00(L.O翌1:30)】

BARism#02-170905

湘南・鎌倉から新しいBAR文化を発信する!


【BARism – Tiki Cocktail vol.2 -】
農耕系か狩猟系かという人間の起源から、個人の性格を特徴付ける場面をしばしば目にすることがある。その考えに由来する定住派か放浪派かというタイプ論は、経験的に確かに存在するように感じる。それでいうと、バーテンダーの大半は定住派でないと成り立たない。放浪派という人種はどうしても一箇所に留まることができないようである。そして大抵は破天荒な性格を伴う。

『ティキバーの祖』として知られるドンビーチは、後者の放浪タイプの人間であったようだ。

1926年、ドンビーチは、本名をレイモンド・ガントといい、テキサスで生まれ、19歳にして放浪の旅に出た。カリブ海や南アメリカを渡り、禁酒法時代には密造家でもあった。1933年に禁酒法が解かれると拠点をハリウッドに移し、『ドンズビーチコンバー』というバーを開いた。ハリウッドセレブを相手に繁盛したそうで、名物料理としてププ・プラッターが人気を博した。南国風に飾った店内で供されたププ・プラッターはエキゾチックな魅惑的な料理に見えたようであるが、実は伝統的な広東料理をセンス良く盛っただけのものだったようである。ハッタリの良さも破天荒な彼の性格の賜物であろう。この頃から、ガントはドンビーチと名乗るようになった。

もうひとつ、彼の店には名物があった。ゾンビーカクテルである。1939年のニューヨーク万博で提供され、多くの店に広がったものである。

ティキカクテルの幕開けとなった。
《ゾンビーカクテル#2》
-材料-

ゴールドラム x 30ml

ダークラム x 30ml

151proofラム x 20ml

グレープフルーツジュース x 10ml

シナモンシロップ x 5ml

オルジートシロップ x 15ml

グレナデンシロップ x 15ml

ライムジュース x 20ml

アブサン x 10drop

アンゴスチュラビターズ x 5drop
-作り方-

シェイカーに全材料を入れ、よくシェイクしてトロピカルグラスに注ぎ、クラッシュドアイスを詰める。
ドンビーチのバーテンダーセンスのひとつとして、プレミックス(事前に飲料を混ぜ合わせておく)の使用が挙げられる。

上記レシピの中で、当初はグレープフルーツジュースとシナモンシロップが混ぜられていて、ドンズミックスという。(西宮聖一朗)